変形性脊椎症 - ちょいデカぷー☆くっく&カイリー

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

歳の差夫婦と暮らすトイプー2ワンの日常+α

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   Comment: --   

変形性脊椎症 

くっくの誕生日にお祝いコメントたくさんありがとうございました

2013-05-08-13-14-19_photo-fc2.jpg


カイリーのお祝コメントにもお礼もしてない不義理な私


コメント欄も閉じてたのに、嬉しかったです





それとカイリーのこともご心配おかけしてます


心配してメールやコメントくれた皆さんありがとう


個別にお返事できてません、ごめんなさい


私信 2ワンママのM様、いつも気にかけてくれてありがとう


十分気持ち伝わりましたよ


またお洋服情報流しますね~うふふ



ここから記録的な記事です


長文ですので興味のない方はスルーしてください


☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。




カイリーちゃん…病名でいうと


変形性脊椎症」というのみたい


症状的にはヘルニアにも似てるみたいだけど違うんだって

 犬や猫にみられる脊椎(背骨)の変性性変化


 椎体(背骨を構成する骨)から骨組織の一部が、

椎間板領域にかけて棘状の突起やブリッジを形成します(骨増殖)。

胸椎~腰椎が好発部位です。

老齢の犬に多く見られるため一種の老化現象とも考えられていますが、

むしろ姿勢や運動、栄養状態、外傷などが深く関与しているようです。
 
 症状は無症状のこともあれば、

 罹患部位によっては周囲の神経や臓器を圧迫・障害したりして

 以下のような症状がみられることがあります。

 ・四肢(とくに後駆が多い)の震えやふらつき、急に立てなくなる
 ・疼痛、歩行困難(触られるのを嫌がる、動きたがらない、など)
 ・排泄障害(排泄時の痛み、自力で排便・排尿ができない、など)
 ・麻痺
 
 治療は抗炎症剤や鎮痛剤のほか、

関節保護剤(グルコサミン、コンドロイチン硫酸など)、

神経賦活剤などを使用する内科的対症療法が一般的です。




こうやってみるとカイリーにはどれも当てはまらないみたいなんだけど

痩せてるし、まだ若いし


生まれつき?と思ったけど


後天的な可能性が高いと言われたし


となると…いつ???


レントゲンの写真がないのだけど


誰の目にもはっきりわかるくらい明らかに変形してるの



先生も痛めた時には相当痛かったはずです


かなり泣き叫んだはずですよ


と言われたけど…うちにきてからそんなことは心当たりなし



一度階段から落ちたことはあるけど


そのあとも普通に歩いてたし病院にも行ったし



考えても仕方ないのだけど


そのときに気づいてたら、もっと早く気づいてたら


って悔やまれてならないの


そんなこと考えたり、これから先の生活どうなるのかなとか考えたら


ちょっぴり落ち込んでました


だって…あれくらいでって動きで痛みが出たのでね


うちはジャンプもしないし高いところにも乗らないし

滑らないように対策もしてるし


これ以上どこをどう気を付けたら?


それに走るのが大好きなカイリー、それすらもダメと言われたらと


そんなこと考えて負のスパイラルにどっぷりつかってました


20130504184608355-fc2.jpg


当のカイリーは1日目は不服そうだったクレート生活


本犬的には痛み止めで痛みなくなってるからね


元気だし



2013-05-02-16-10-15_photo-fc2.jpg

最初くっくも一緒に入れてたんだけど


くっくたん…悪気はないけどカイリーの上に乗ることがあって


危ないので隔離です



2013-05-05-22-59-15_photo-fc2.jpg

日中ほとんど寝てる2ワン


安静生活は特に問題なく過ぎました


クレートが好きな子たちで良かったです


ただ…私がいなくなるとクレートがりがりするので


見える位置には常にいましたけど


あとおトイレとお水もあるし


カイリーちゃん…クレートの中ではどちらもしません

ストラバイトの心配もあるので

おトイレとお水は定期的に促します


2013-05-05-16-27-03_photo-fc2.jpg

くっくたんの方が不満気です


外から何度もカイリーのクレートをがりがりしてました


2013-05-07-09-30-45_photo-fc2.jpg

そんなこんなで1週間の安静生活が終わり

連休明けに再診のため病院へ


2013-05-07-11-37-31_photo-fc2.jpg

待合室でも診察台でもいつものカイリー


尻尾ブンブンで愛想ふりまいてました


で、無理しない程度に普通の生活の許可が出ました


ただ消炎鎮痛剤はあと一週間出ましたけど


あと予備の痛み止めを処方してもらいました


今後同じ症状が出た時に慌てずに飲ませることに


夜とか休診の日は焦るもんね、ありがたい


今後は1か月くらいしたら今までの生活で問題なく


走るのもダメとは言われませんでした


もちろん気をつけますが、良かった


あとはカイリーのおやつをねだるときの二本立ち


あれはやめさせないとなぁ


最近お友達のワンコもカイリーの真似してするようになったから


ごめんね、悪い見本で

2013-05-07-20-43-21_photo-fc2.jpg

すっかり甘えん坊になってしまったカイリー


2013-05-07-21-23-08_photo-fc2.jpg


私の膝の上ですやすや寝てます

2013-05-08-17-17-55_photo-fc2.jpg


場所をとられたくっくは不服顔です


でもね、今までだとここで自分も~って乗ってきたけど

「カイリーは安静なのよ、安静!わかる?」って

何度も言ってたら遠慮してるの


やっぱりくっくは賢いわぁ (←バカ)

2013-05-08-17-51-54_photo-fc20.jpg


カイリーちゃん…優しい兄たんで良かったね


2013-05-08-17-52-05_photo-fc2.jpg


くっくたん…ありがとう


ブツブツ文句言いながらも我慢してくれてありがとう



元気でも年に一度のレントゲン検査おすすめです
-裏話-

妹思いの優しい兄(にみえる)くっくたんですが
お外大好きくっくたん…ストレスで吐きました
というのもおとんがいない日はお散歩も行けなかったら
連休中はおとんにカイリー見てもらって散歩行きました
さすがにかわいそうだからね
私と二人でちょー楽しそうな顔してました
でも帰ったら…カイリーが玄関でキュンキュン泣いてる
どうやらあまりに泣くのでかわいそうだとおとんが
クレートから出してまして
それじゃあ見てもらってる意味ないし、安静じゃないし
で…次の日からはおとんにくっくの散歩をお願いしました
カイリーは私がいると大丈夫だったけど
くっくがね、かなり不安そうで歩かなかったみたい
何度も後ろを振り返ってたみたい
どっちも私じゃないとダメなのは困るので
今後のことを考えるとおとんにもたまには2ワンの
世話できるようになってもらいたいなあと思った私でした

カテゴリ: *健康&病院

Trackback: --   Comment: --   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。